結婚費用の内訳

結婚費用の内訳ですが、結婚するには大体いくらくらいのお金がかかるのか想像がつかない人もいると思います。
新居を2DKの賃貸にして、生活用品を一から購入するとして考えたときの結婚にかかる費用を紹介したいと思います。

まず結婚式ですが招待する人数が80名ほどで、衣装を新郎新婦2着ずつ借りた場合、公共の結婚式場を使えば220万円くらいでおさえることが出来ますが、一般の結婚式場などで行った場合には300万円くらいかかります。
さらに演出を派手にするとその分、結婚費用は追加されます。

旅行は日数にもよりますが、お小遣いを持っていくとして、ハワイに行った場合100万円くらいかかるといわれています。
ですから結婚式と披露宴、新婚旅行だけでも320万円から400万円くらいは軽くかかることになります。

これに新居の頭金や生活用品に家具などを足せば大体300万円くらいかかります。
仮に生活費を3か月分用意しておくとしても、結婚式から新居に入居までにかかる必要な費用は、600万円から800万円くらいになってしまいます。
結婚生活をスタートさせるということは意外と費用がかさむものです。
披露宴のお金はご祝儀からまかなうことができるとはいえ、二人が新たに所帯をもってスタートするには、色々とお金がかかります。



この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。