結婚式の日取り

結婚式の日取りで人気なのは6月です。
日本では6月は梅雨の時期にもかかわらず、相変わらず人気があります。
もともと結婚式を6月に挙げるというのはヨーロッパの言い伝えで、6月に結婚すると幸せになるということからですが、日本でもその影響から6月に結婚式をあげる人が多いと言われています。
しかし、最近では10月や11月に結婚式をする人も多くなってきました。
暑くなく、寒くなく、秋晴れのあるとてもいい気候だから人気があるそうです。
日本で結婚式の日取りで一番人気がある日というのは6月の大安吉日だと言われています。
実際に結婚式場でも、6月の大安吉日は予約がすぐに入ってしまうんだそうです。

最近では仏滅に結婚式を挙げると少しお得なプランなども用意されていますから、費用の面から考えてあまり縁起を気にしない人は仏滅に結婚式をあげる人も多くなっているそうです。
現在の若いカップルは、仏滅だから駄目だという考え方をあまりしなくなったように思いますね。

結婚式場や結婚披露宴の会場を探すなら式を予定している1年前でも早いとは言えませんし、人気のある一日一組限定で行われているハウスウエディングなどは一年以上前から予約が入っていたりしますから、日取りや会場にこだわるのであれば、早いうちに考えて予約したほうがいいでしょう。



この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。