結婚式の結納

結婚式の結納といっても形式が色々あります。

一般に正式な結婚式の結納というのは、仲人が使者になって、結婚をする両家の間を2往復して結納が行われるという、本当に手間も時間もかかるやり方です。
しかしこれが昔から行われている正式な結婚式の結納ですが、最近ではこの正式な結婚式の結納を行う人はほとんどいません。
現在では、一番多い結婚式の結納は、「略式結納」と呼ばれるものです。
これは結婚式の仲人をたてないで、両家だけでホテルや結婚式場や料亭などに集まって結納を行います。
結婚式の結納の形式では今はこれが一番主流ではないでしょうか。

結婚式の結納を行わないカップルも最近では増えています。
結婚式の結納はしないけど、両家の顔合わせがしたいという人は、レストランや料亭などで食事会を開いているようです。
結納金を節約したりしていろいろアレンジもききますから、結納を行わない人には、この食事会での顔合わせがいいようです。

このように結婚式の結納は時代とともに変わりつつあります。
かつては結婚式の結納は盛大に行われていたものですが、最近では、伝統を重んじる一部の地域を除いて、結婚式の結納を行わないカップルがとても多いですし、結婚式の仲人も立てない人が多いようですから時代によって結婚式の結納も変わりつつあります。



この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。