結婚の種類

結婚の種類には色々な物がありますが、たとえば集団婚と呼ばれる結婚があります。
集団婚という結婚は、どのようなものかというと、お互いに特定の相手と結婚をしない結婚の種類です。
私有財産制度がなかった原始時代などによくあった結婚のスタイルだと言われています。

また、結婚の種類には同性結婚と呼ばれる結婚もあります。
同性結婚は、男同士、女同士で結婚するという結婚のスタイルですが、日本ではこの結婚のスタイルは認められていません。

また、結婚には、近親婚というものがありますが、これは血のつながりが近い人同士で結婚をすることで、日本ではこの結婚は禁止されています。

結婚には事実婚というものもありますが、これは婚姻届などを出していない結婚で、実際には結婚のような生活を送ってはいるけれど、法的な面では結婚の届けを出していないという結婚です。

重婚というのもありますが、これは日本のような一夫一婦制の結婚制度のところで、既に結婚しているのに、また結婚することです。
そして通い婚というのは、同居せずに、どちらかの家に通って結婚生活を送るというスタイルを言います。

このように結婚といっても色々な種類の結婚がありますが、日本では認められていない結婚もあります。



この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。