結婚制度

日本の結婚制度について紹介したいと思います。
結婚制度はそもそも国によって制度の中身が違っています。

まず日本では婚姻が成立して、婚姻届を出して実質的な結婚という形になっています。
日本では結婚してもいい年齢は男性は18歳以上、女性は16歳以上と決められています。
しかし未成年が結婚をする場合には、必ず片親の承諾が必要とされています。
親が一回承諾した場合は、結婚する人が未成年だったとしても、その人が結婚するときには、承諾が要らないそうです。
未成年の結婚だからといって約束してそれが無効になると言うことはなく、例えば、高校を卒業してから結婚しようと約束していたとしたら、それは婚約しているということになるそうです。

結婚に関して他にも決まりがあります。
日本では重婚は禁止されていますし、再婚する際女性は再婚禁止期間が設けられています。
また近親者の間での結婚も禁止されていますし、直系の姻族間の結婚も禁止されています。
また養子の親子同士の結婚も禁止されています。
世界のほかの国では重婚や一夫多妻制などもありますが、日本の結婚の場合は一夫一婦制です。

世界にはたくさんの国がありますが、結婚の制度に関する内容は、それぞれ各国によって違っていることが多いようです。



この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。