結婚の定義

「結婚」の定義というのは色々あります。
結婚は社会的な結びつきと考えるものもあれば、経済的な結びつきだという考えもありますし、結婚は人間的な結びつきでもあります。
また結婚は法的にも正当な物です。
結婚というものの一番の基礎になっているのは契約だという考え方もありますね。
親子関係はどちらかといえば縦のつながりですが、結婚は横のつながりだと言われています。
血のつながりのない男女が結びついて結婚するというのは、一種の契約です。
結婚の契約が解消されたことを俗に離婚と言います。
日本では結婚は男女間の契約とされているのですが、世界の中では男女間だけでなく、男同士や女同士といった同性間の結婚も認められている国もあります。

結婚は必ず同居しないといけないという決まりはなく、単身赴任や別居婚でも結婚の契約は成立すると言われています。
また入籍はしていなくても、内縁関係であれば、結婚しているのと同じことになります。
結婚を証明するために日本では「婚姻届」を出して結婚を書面にあらわします。
結婚は男女間同性間だけでなく、他の国の人との国際結婚もありますし、年の差結婚、格差結婚などといった言葉も最近よく聞く結婚のスタイルです。



この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。