国際結婚

国際結婚について書きたいと思います。
国際結婚というのは、日本人と外国人の結婚のことを言いますが、日本人と外国人の結婚が多くなってきたのは1980年代に入ってからだと言われています。
それまでの日本では外国人との結婚はあまりいいイメージがなかったといわれています。
日本で国際結婚が多くなってきたのは、海外に行く日本人が増えてきたことや海外からも日本へ訪れる人が多くなったからだと言われています。

日本では、現在結婚総数の6パーセントが国際結婚のようです。
特に配偶者の男性が外国人の場合は、韓国人、アメリカ人、中国人、イギリス人の順番に結婚する確率が多く、逆に配偶者の女性が外国人の場合には、フィリピン、中国人、韓国人の女性との結婚率が高いそうです。
最近では国際結婚を装って日本で働くためのビザを手に入れようとしている人も多く、これはかなり深刻な問題になっているようです。

国際結婚の問題点は、やはり言葉の問題が多いようです。
そして次に文化の違いがあげられるようです。
やはり言葉も文化も違う国の二人が結婚生活を送るというのは難しいようです。
お互いが柔軟にそれぞれの国についての理解をもっていないと国際結婚はなかなか難しいようです。
国際結婚での離婚率はそれほど高くないとは言われていますが結婚するまでに、お互いの親の説得が難しいケースもあるようですから、なかなかスムーズに国際結婚を進めるのは難しいようです。



この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。