結婚式のジンクス

結婚式では色々な「ジンクス」がありますが紹介したいと思います。

結婚式を6月に挙げると幸せになれるというジンクスをよく聞きます。
なぜ結婚式を6月に挙げるといいのかというと、由来はギリシャの婚姻をつかさどっている女神が6月の女神だったために、6月に結婚すると幸せになると言われているのだそうです。
日本の6月は梅雨の時期でなかなか結婚式をするには大変な時期ではありますが、それでも人気がある結婚式の時期です。

結婚式で行われるブーケトスには、結婚式でブーケを受け取った人が次に結婚することが出来ると言われていますが、これは、その昔結婚式の花嫁のドレスが縁起がいいので、引きちぎろうとする人達の目をそらすためにブーケが投げられていたという話もあります。

ブーケトスと同じようにガータートスというものもあります。
これは結婚式で花嫁のガーターを受け取った男の人が花婿になることが出来るというジンクスです。
この習慣はフランスではじまったのがきっかけだそうですが、日本の結婚式ではあまりガータートスは浸透していないのが現状かもしれませんね。
こちらも花嫁のドレスを触ろうとしている男の人たちからそらすために、ガータートスをしていたのがきっかけのようです。



この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。