結婚線で見る玉の輿の相

結婚線は、大まかな結婚の時期を手相占いで表すもので、特に女性で興味を持たれる方が多いのではないでしょうか。

結婚線のある場所は、小指の付け根と感情線の間にある線で、その形や長さによって意味が異なってきます。
基本的に、上向きや長いものが良い運勢と言って良いと思います。

しかし、その周りにある手相によっても意味が違ってきますので、離婚の相や愛人の相がないかチェックしておきたいものですね。

ここでは、特に女性が気になる「玉の輿」の相について見ていきましょう。
「長い結婚線の運勢は、基本的には良い」と先ほど書きましたが、それがどんどん伸びて、太陽線という手相にひっついてしまった場合は、まさに「玉の輿」の相です。

社会的地位も高く、名誉や人気もあり、さらに金銭的にもかなり恵まれているパートナーと結婚することができます。

男性の場合ですと、結婚相手の実家がかなりのお金持ちだったり、奥様の会社の重役につくことができたりします。
いわゆる「逆たま」という手相ですね。

金銭的、経済的には、極めて素晴らしい結婚生活になるでしょう。
しかし、現実にはお金だけがあっても幸せとは言えません。
精神的にも強い絆で結ばれてこそ、初めて幸せな結婚生活と言えるでしょう。
パートナーへの思いやりを忘れずに、しっかりと深い絆で結ばれてくださいね。

手相は変わりやすいものです。
本人が何の努力もせずにいると、どんどん悪い方へと向かい、手相も次第に悪いものを表すものに変化していきます。

お金があってもなくても、良い結婚生活を送れるようにひとりひとりが努力することが一番大切ですね。

日本で国際結婚する場合

日本で外国の人と結婚するときには、日本人と結婚するときとは違う書類が必要です。

自分の住んでいる地域の役所で国際結婚についての書類をもらって、必要事項を記入します。
そして相手の出身国の在日大使館や領事館に行って結婚のための証明書を発行してもらうことになります。
結婚のための証明書は国によっては発行してもらえないこともあります。
日本で結婚の証明をする婚姻届を出すときには、婚姻届と、日本人の戸籍謄本と外国人の結婚証明書とパスポートなどが必要です。
これらすべてを役所に提出して「婚姻受理証明書」が発行されます。

そしてこの婚姻受理証明書を持って結婚相手の在日大使館や領事館に提出すればこれで結婚は成立して、めでたく夫婦になることが出来ます。

国際結婚は日本ではそれほど珍しくないものになってきましたが、それでもまだまだ手続きには色々と大変なことが多いようです。
日本で国際結婚をして東京に住んでいる夫婦は、全体の夫婦の10組に1組というくらい増えてきました。

また日本人が国際結婚をして海外へ出るケースも非常に多いといわれています。
その際も色々と手続きが大変なので、もう少し時代に合わせて国際結婚の手続きの簡易化も叫ばれてはいますが、今はまだ変わりません。

結婚相談

現在、結婚相談サービス会社や結婚相談所は、全国に約5000社もあるといわれています。
ですから、色々な会社の広告や情報を目にすることも多いことと思います。
しかし、「何を基準に選べば良いのか?」「自分に合った会社はどう選べばいいのか?」となると、明確な情報が不足しているのではないでしょうか。

コンピュータによる相性診断でマッチングした会員リストを、月数名程度送付する情報提供を主たるサービスとするシステムや、ここ数年では、インターネットの普及に伴い、ネット上での出会いサービスや、その利用者、業者とも急速に拡大しています。

ところが、コンピュータマッチングでの会員情報を提供するサービスの成婚率は、わずか数パーセントしかないという話をよく聞きます。このことからも、出会いだけの提供で結婚することは難しいことが分かります。

より豊かで楽しい人生を共に送れるパートナーを見つけるためには、単に結婚相手を紹介するのではなく、結婚相談サービスには「アドバイザー」としての役割が必要になるでしょう。

本人の価値観を理解して、家族や友達にも相談できないような恋愛や結婚の悩み、不安について親身になって相談にのりアドバイスするスタッフがいる結婚相談サービスを選ぶことが、成婚への近道といえます。

結婚記念日

結婚記念日というのは、結婚式をした日を記念日にした日のことですが、結婚記念日を入籍した日にしている夫婦もいると思います。

日本では夫婦二人でお祝いをすることが多く、アメリカなどでは両親の結婚記念日にイベントを行う家庭も多いようです。
海外の多くの国では、結婚記念日に夫婦でプレゼントを贈りあうのが一般的です。
1年ごとの結婚記念日に紙婚式やわら婚式といった名前をつけて、その名前にあったプレゼントを贈りあったりします。
結婚記念日の名前は紙からわら、わらから革、革から花、花から木と 徐々にかたい物の名前になっていきます。
これは結婚のきずなが1年ごとにかたくなっていくのをあらわしています。

そういった風習が日本にも伝わって、結婚記念日1年目の紙婚式から75年目のプラチナ婚式まで、安くて柔らかく日常品から徐々に高価な貴重品へと記念日の名称が変わっていきます。

因みに2年以降は以下のような呼び名になっています。
結婚15年目からは、5年ごとに記念日を祝うのが一般的で、 中でも25年目の銀婚式と50年目の金婚式は、自分や相手の家族などと一緒に、派手に記念日を祝うことが多いです。
2年目 綿婚式
3年目 革婚式
4年目 書籍・花婚式
5年目 木婚式
6年目 鉄婚式
7年目 銅婚式
8年目 青銅婚式
9年目 陶器婚式
10年目 錫(すず)婚式・アルミニウム婚式
11年目 鋼鉄婚式
12年目 絹婚式・麻婚式・皮婚式・書籍婚式
13年目 レース婚式
14年目 象牙婚式
15年目 水晶婚式
20年目 磁器婚式
25年目 銀婚式
30年目 真珠婚式
35周年 珊瑚婚式
40年目 ルビー婚式
50年目 金婚式
55年目 エメラルド婚式
60年目 ダイヤモンド婚式
75年目 プラチナ婚式

特別な決まりはありませんが、夫婦の間を見つめ直す機会として大切にお祝いしましょう。
結婚記念日は必ずしもしなければいけないということもないですから個人や夫婦によってスタイルは様々です。

国際結婚の仲介 中国

国際結婚を仲介するサイトで圧倒的に多いのが、中国人の女性を結婚相手として国際結婚を仲介するサイトです。

国際結婚の中で、なぜ中国人を仲介するかというと、まず中国は文化・生活習慣が似ていることが挙げられます。
中国と日本は衣食住に関して文化や習慣が似ています。
最初のうちは日本語が分からなくても、漢字で大半の言葉の意味が分かります。
総じて中国女性は日本の生活にスムーズに慣れていくケースがほとんどです。
また女性の大半は家庭で料理を習ってきますので、将来にわたって美味しい中華料理を食べることができます。

さらに、中国女性は結婚後、家庭や家族を大切にします。
中国は元来、日本以上に家族や家庭を大切にする傾向があります。
日本では難しくなってきた親との同居も普通のことと考えています。国際結婚後も男性の家族や親族を大切にし、うまくいっているケースが大変多いようです。
このような理由により、他の国際結婚よりも仲介しやすく、結婚希望者も仲介を依頼しやすいのです。

中国人の国際結婚仲介の流れは、まず希望によりメール交換などを中国人女性と行い、その後、中国でお見合いをして婚約が決まれば、第2回目の訪中をして手続きを完了させます。
そして、中国から持ち帰った書類を日本の役所に提出して入籍を行います。
その後、中国人女性の来日・外国人登録などを行うことになります。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。